ご先祖様と亡くなられた霊に対し心からご冥福をお祈り申し上げ、私たちは真心をもってご奉仕と供養の精神で墓所・墓石造りにお応えして参りたいと存じております。
Q&A
お客様の環境等により異なりますので、ご来店の際にご気軽にご相談下さい。

墓は「葬処」の略語で、死者を埋葬する場所を示します。 したがって高く土を盛ったり石塔を建てたりします。平安時代に仏教が日本に広まり、戒名や法名を刻んだ石塔が墓地に建てられるようになりましたが、貴族や武士、僧侶などに限られ、江戸時代以降に庶民が墓を持つようになりました。 初期の墓の形は五輪塔といわれるもので、仏教の宇宙観を表す、空・風・火・水・地の 5 つの石を積み重ねたもので、正面にはインドの悉曇(しったん)文字、「サンスクリット、梵字ともいう」が刻まれていました。

近年、核家族の増加にともない子孫のない方、墓地祭祀の継承者がいないご家庭などが急激に増加してきています。ご先祖様及びご自身・ご夫婦が永遠なる安住の聖地としてお墓を建てることが出来る条件が、整っている霊園・墓地であれば可能です。

お墓(墓地)には一切税金はかかりません。墓地の場合不動産取得税と固定資産税についてはそれぞれ地方税法の定めにより、また登録免許税も国税の定めるところにより非課税扱いとなり取得にあたって税はかかりません。 又、相続についても法律により非課税扱いとなっております。

生前にお墓を建てることを、寿陵または、寿墓、逆修墓とも呼んでいます。中国では、「寿陵という習慣に健康で長生きする」という意味を込めています。仏教の教えでも、生前死後の冥福を祈るために仏事を行うことを「逆修」といいます。この逆修は七倍の御利益があるとされています。又、仏教では「縁」を大事にします。 生前にお墓を建てることもひとつの縁となります。ご自身の目でご自身のお墓を見るのは、一生一度の安らぎを求める行為でもあります。

まず改葬の手続きが必要です。埋葬および納骨堂に収蔵されている遺骨を他の墓所に移すいわゆる「改葬」については、市町村より改葬許可証を受けます。この交付を受けるには現在遺骨が埋葬されている墓地か納骨堂が所在する市町村役場に(1)改葬許可申請書と(2)受け入れ証明書のほか印鑑を持参して、提出します。又、お墓そのものを移転する場合と、遺骨のみを移転する場合では事情が異なりますので移転先(霊園・墓地)の管理者に確認されることをお勧めいたし ます。

お墓や祭具、家系図などは祭祀(さいし)財産と呼ばれ、相続財産になりません。長男の方が相続分と関係なく墓地を承継する慣習が多いでしょうが、拒否も可能です。そうなった場合は、相続人全員による話し合いで決めることになります。相続放棄をした者を承継者とすることもできます。だれが承継者となっても実質的には兄弟間の共同管理にするといった配慮があれば、後々まで尾を引く問題にはならないのではないでしょうか。


料金案内墓石の建立過程リフォーム